組織サーベイの流れ~モチベーションを上げる為の調査を実施しよう~

Motivation.up

組織サーベイとは?

組織サーベイとは経営理念がどの程度浸透しているか、人間関係や仕事へのモチベーション(または達成感)を持っているかを調べます。それに加えて能力の適合性(適材適所)か、自己啓発意欲の程度、労働環境意識なども探ります。

組織サーベイを行う際の具体的な流れ

(1)組織サーベイに関する事前打ち合わせ

仕事や労働・職場環境、モチベーション、就業意識などを調査するためのアンケート実施を事前に内容などをコンサルタント(依頼している場合)と打ち合わせして内容と日程を確定させます。

(2)従業員のやる気・やりがいを探るアンケートを実施

仕事やモチベーションの状態を探るために仕事負担や労働条件、職場環境、納涼開発、就業に対する意識についてアンケートを実施します。これによりどの程度のモチベーションを持っているかを数値化します。

(3)アンケート類などの調査実施後の集計分析

アンケートは所定の内容と人数・集計区分に従って実施し、無記名での回答を前提に行います。集計が終わった後は分析を行い、平均的な数字を元に現在の問題点や課題がどこにあるのかを洗い出します。

(4)改善点の明確化

組織力・モチベーション低下の原因について要因や問題点を明らかにします。改善の基本的方向性をまとめて、組織内に共有化します。またフィードバックを行うことで課題解決を促します。

(5)経営者へのフィードバックと徹底

従業員の仕事内容・評価に関する満足度を理解し、現在のロイヤリティ(企業などへの帰属意識)や今後の向上意欲がどの程度あるのかを認識します。本当の実態を業種別・規模別平均と比較することで理解し改善を徹底していきます。

従業員のモチベーションによってもたらされる企業にとってのメリットTOP5

no.1

メリット1 見えないものが可視化されるメリット

通常は感覚論でしか語られない組織の風土や社員のコミュニケーションの状態を全体的・体系的に数値化して把握することが可能になります。マネージャーや社員だけでなく経営者も数値化をすることで共有することが可能になります。

no.2

メリット2 課題解決のプラットフォームができる

経営幹部と従業員との意識かい離があった場合、組織の現状をお互いに把握することで課題解決のプラットフォームができます。それぞれの立場では気が付かなかった問題点や強みといった良いポイントも気が付くことが可能になります。

no.3

メリット3 共有認識を形成することができる

問題点や課題解決が経営者・管理職・従業員のどの立場でも共有認識を形成することができます。サーベイ結果をもとに、関係者同士の議論が活発に行われ、組織内コミュニケーションを改善することが可能になります。

no.4

メリット4 定期的にサーベイすることで変化を測定

定期的に組織サーベイを行っている企業は、社員のモチベーションアップや意識改革に大きな変化があると言われています。期間を空けてのサーベイより、定期的にサーベイを行う企業のほうが意識改善には有効だとされています。

no.5

メリット5 定性情報も付加するとより深く分析可能になる

定量的な組織サーベイに加えて、インタビューや自由記述という方法で定性情報を付加していくと、現状を数値化して把握するだけでなく背景の要因も深く分析することが可能になります。経営の打開策や方向性を検討する材料にもなります。

[PR]新入社員研修には専門業者を利用しよう
人気会社の特徴とは?

[PR]組織サーベイを導入しよう
サービス内容を要チェック!

[PR]外国人雇用のためにマナー研修を行なおう
接客の質がグッと上がる☆

[PR]仕事のモチベーションを上げるスキルを修得
資格講座の日時を公開

組織サーベイ調査で従業員のモチベーションをチェック!

握手

組織サーベイを外部委託する方法

職場の満足度調査や活性度の現状を知りたい場合は専門の外部コンサルタントに外部委託することも可能です。通常コンスタントに組織サーベイを行ったことがない企業(会社組織)は、最初は外部委託することで方法論や数値の可視化に慣れるようにしていきます。従業員のモチベーション以外にミドルマネジメント層のリーダーシップの現状診断や意識転換を促すことが可能です。通常は目的に沿って外部委託しますが、モデルケースとしてミドル層のリーダーシップの状態を知りたいなら、上司と部下の職場活性度に関してアンケートを行います。コンサルタント会社の用意したマークシート(またはウェブ調査)を使い、結果分析を行ってもらいます。また知りたい角度によっては設問を増やしてもらい、調査範囲を事前に調整することも可能です。

病院内保育を外部委託する方法

病院内保育の施設・設備を院内に設けるか、近くに設けるかによっても外部委託の流れが変わります。院内であれば外部業者に計画から保育事業者(委託事業者が内包している場合もある)の斡旋、補助金申請まで行ってくれます。外部や病院の近くに病院内保育施設を作る場合は、場所の確保から始めます。外部委託をする場合は、時期によって預かり児童の数の増減があるか、今後増える可能性があるのかを明確にしてから依頼します。想定していないと場合によっては運営費が増えることもあるので注意が必要です。

広告募集中